羽島市T様邸地盤調査

(2016年05月20日)

羽島市T様邸地盤調査をさせていただきました。


お施主様に立ち会っていただきました。


スウェディングサウンディング式の地盤調査です。


建物の4隅と建物の中心を調査します。

ここの現場では補足で2ポイント追加調査をしております。
より正確なデーターでお客様に必要のない地盤改良工事をしていただかなくても済むように心がけております。
もちろん地盤改良工事の必要のない現場の地盤保証もしております。
又、地盤調査で大切なことのひとつはスクリューポイントの摩耗チェックです。
鋼製で硬い金属でできております。
新品は33фで、JISの規格では30ミリ以上必要です。
ゲージの直径は31ミリありこの穴を通るスクリューポイントは使用しておりません。
スクリューポイントはとても高いです。
摩耗したスクリューポイントを使った調査ではデーターがぶれ、
必要のない地盤改良工事をすることにもなりかねません。
又地盤調査は建物の図面が決まり建物の配置が確定してからされた方が良いです。
1mずれただけでもデーターが大きく変わることもあります。
T様邸は6月上旬の着工予定です。又見学会のご案内をさせていただきます。